【2021年】Logicool&Razerゲーミングマウスおすすめ16選

すべて

ロジクール&レイザーオススメ16選

こんにちは、NAGAIです。

今回は、ゲーミングマウスを選ぶときにオススメ出来るゲーミングマウスを価格別に紹介します。

【お手頃価格】3000円~5000円 オススメゲーミングマウス

1.Razer(レイザー)VIPER

紹介するゲーミングマウスは、「Razer VIPER」です。

このマウスは5000円以下ですが、レイザーの上位機種VIPER ULTIMATEと同じRAZERオプティカルマウススイッチが採用されています。

このスイッチは応答速度は最高速0.2ミリ秒という速さでクリックしてからの遅延がほぼありません。また7000万回クリックが可能な耐久性があり、長時間のプレイでも壊れることなく安心してゲームをプレイできます。

それに加えてRAZER 5Gオプティカルセンサーを搭載しており、ゲームのプレイ時では決して遅延やブレは発生しません。

このような機能が備わっておきながら5000円で購入が可能な優秀なゲーミングマウスです。

【Gaming Goods】Razer Viper / RZ01-02550100-R3M1 ゲーミングマウス 超軽量69g

2.Logicool(ロジクール)G203

紹介するゲーミングマウスは、「Logicool G203」です。

G203はLogicoolのエントリーマウスとなっていて、ゲームに必要なサイドボタンやゲーミンググレードのセンサーを持ち合わせておきながら、マウスのカラーバリエーションはブラック・ホワイト・ブルー・ライラックの4種類と非常に多く色鮮やかでかわいらしいデザインもあります。

ゲームを楽しみたいけど少しデスクの上もおしゃれにしたい方には打って付けのゲーミングマウスになっています。

3.Logicool(ロジクール)G304

紹介するゲーミングマウスは、「Logicool G304」です。

G304はLogicoolのエントリーマウスとなっていて、G203と同じくゲームに必要なサイドボタンやゲーミンググレードのセンサーが搭載されており、マウスのカラーバリエーションはブラック・ホワイト・ブルー・ライラックの4種類があります。

大きな特徴としてこちらのマウスはG203とは異なりLIGHTSPEEDワイヤレス接続に対応していて、安いワイヤレスマウス特有の接続の遅延は感じられません。しかしバッテリーが搭載されていないため単三電池を入れて使用しますので他のゲーミングマウスと比較すると若干の重みを感じます。

G304は他の安いワイヤレスゲーミングマウスと比べても性能、デザイン共に負けていません。なので安いワイヤレスマウスをお探しの方でしたら、こちらの製品をオススメいたします。

4.Logicool(ロジクール)G403

紹介するゲーミングマウスは、「Logicool G403」です。

G403は後に紹介している7000円台のマウスG703の有線バージョンなので接続方法が有線というだけで他の機能は大差ありません。センサーはLogicoolの最上位センサーHERO25Kを採用されていて正確なトラッキングが可能です。また形状がG703と同じなので持ち心地も良くしっかりと手にフィットします。

G703と大差ない性能でこの値段はコスパがとてもいいので、安くて性能が良いマウスはこれ一択ではないでしょうか。

※Amazonでの購入を推奨

【定番】5000円~1万円 オススメゲーミングマウス

1.Razer(レイザー)DeathAdder V2 Pro ワイヤレス

紹介するゲーミングマウスは、「Razer DeathAdder V2 Pro ワイヤレス」です。

このマウスは長年多くのゲーマーから人気のあったDeathAdderシリーズの初のRazerHyperSpeedWireless対応ワイヤレスモデルです。
HyperSpeedはRazerが開発した高い安定性を備えた高速ワイヤレス技術で、タイムラグや途切れのないワイヤレス接続が可能、また1つのUSBドングルで複数のデバイスを制御が出来ます。

またセンサーは現状の最上位マウスと同じセンサーを使用していて最大20000DPIの解像度を備えています。

このようにセンサー、ワイヤレス共に最上位機種と変わりないにも関わらず価格は1万円以下で購入することが出来るのでコスパは非常に高いです。

2.Razer(レイザー)Basilisk X HyperSpeed

紹介するゲーミングマウスは、「Razer Basilisk X HyperSpeed」です。

Basilisk X HyperSpeedの特徴は右手にフィットする形状と長時間のバッテリー時間です。
形状はサイドボタン側が窪んでいて親指がしっかり引っかかるように出来ていて非常に持ちやすいです。またバッテリーの駆動時間はBluetoothモードで最大450時間、HyperSpeedWirelessで最大285時間と非常に長いのですが、残念なことにバッテリー内臓ではなく単三電池を使用するので重くなっています。

重いマウスが良い方には駆動時間も非常に長く、性能も申し分ないのでオススメです。

RZ01-03150100-R3A1 Razer 【国内正規品】2.4GHz/Bluetooth対応 ワイヤレスゲーミングマウス Basilisk X HyperSpeed

3.Logicool(ロジクール)G703h

紹介するゲーミングマウスは、「Logicool G703h」です。

G703hはバッテリー内臓のワイヤレスマウスでワイヤレスはプログレードのLIGHTSPEED、センサーは最新のHEROセンサであるHERO25Kを搭載またPOWERPLAYにも対応している等Logicoolの最上位マウスと全く同じ性能を持っているのでこのマウスが好きなプロゲーマーにも使われています。

それにも関わらず価格は1万円以下で買えてしまうのでコスパ最強のゲーミングマウスといっても過言ではありません。なのでゲーミングマウスを迷っている方はとりあえずこのマウスを購入してみても後悔はないと思います。

4.Logicool(ロジクール)G502

紹介するゲーミングマウスは、「Logicool G502」です。

G502の最大の特徴はプログラム可能なボタンがサイドボタンに5つ、左右ボタンに2つ、ホイールで3つ、ホイールの下にも1つあり合計11個もあることです。なのでサイドボタンが2つでは少ないと感じるMOBAやRPGをやる人にオススメです。

また、センサーはHERO25Kを採用しているためセンサーの精度は非常に良く、重さの調整が5段階で可能なので好みの重さに調整できます。

【高価マウス】1万~ オススメゲーミングマウス

1.Logicool(ロジクール)GPRO Wireless &GPRO X SUPERLIGHT

紹介するゲーミングマウスは、Logicool の「GPRO Wireless」と「GPRO X SUPERLIGHT」です。

GPROはGPROXの以前の製品であり、GPROXはGPROの後継機になります。なので今回は枠の関係上同時に紹介させていただきます。

GPROはLogicoolが誇る最高のワイヤレスマウスであり、ゲーマーであれば必ず知っているほど有名なゲーミングマウスです。初心者の方でもGPROを知っている方は多いのではないのでしょうか。
GPROの特徴は左右対称なシンプルな形状で、左右対称ですが非常に持ちやすく全く癖がありません。また、軽いことも特徴でGPROは80gと今ではとても軽いと言い難くなりましたが発売当時ではトップクラスの軽さを誇っていました。そして最近発売されたGPROの後継機GPROXは63gと驚きの軽さを実現しています。

そしてHERO25KセンサーLIGHTSPEEDワイヤレスを搭載していて使用時には遅延やセンサーのブレは全く感じません。値段が高いのがネックですがそれ以外は完璧なスペックを持っています。思い切って高いマウスを買う際はこちらのマウスをオススメします。

2.Razer(レイザー)VIPER Ultimate

紹介するゲーミングマウスは、「Razer VIPER Ultimate」です。

このマウスはRazerの最上位マウスでワイヤレス技術はRAZER HYPERSPEED・センサーはRAZER FOCUS+オプティカルセンサー・ボタンはRAZERオプティカルマウススイッチとRazerの最新技術を搭載しています。そして重量は74gと軽量ながら強度が高いです。

このマウスには充電ドッグが付いたモデルがあり、その充電ドッグはマウスを置くだけで充電が可能で非常に便利です。なのでこのマウスの購入を考えているのであれば充電ドッグが付いたモデルの購入をオススメします。

3.Logicool(ロジクール)G502 Wireless

紹介するゲーミングマウスは、「Logicool G502 Wireless」です。

こちらのマウスは前に紹介しているG502のワイヤレスバージョンになります。
性能はそのままでLIGHTSPEEDワイヤレスを搭載しています。G502よりも高いですが、ワイヤレスになるメリットは大きいのでG502Wirelessを検討してみてはどうですか。

4.Razer(レイザー)Basilisk Ultimate

紹介するゲーミングマウスは、「Razer Basilisk Ultimate」です。

こちらのマウスは先ほど紹介した「Basilisk X HyperSpeed」がワイヤレスになったマウスです。また、ワイヤレス化だけではなくプログラム可能なボタンが6個から11個に増えてたり、センサーの改善やバッテリーの搭載等スペックアップしています。そしてこちらのマウスにも「viper ultimate」と同様に充電ドッグが付いたモデルがあり、充電が非常に便利です。購入の際は充電ドッグの付いたモデルをオススメします。

NAGAI

周辺機器レビューブログ
主にPC周辺機器レビューを行っています。

NAGAIをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました