スポンサーリンク

【マウス沼からの脱出】自分に合ったゲーミングマウスの選び方を紹介!

すべて

どうも、こんにちはNAGAIです!

マウスを探すときに自分の手に合ったマウスを選んだ方が良いとよく聞きませんか?
そこで今回は僕の独学での決め方になりますがその方法を紹介したいと思います!

あくまで僕の自己流なので参考程度と思ってください。

今回紹介する方法はマウスの実物があることを前提にしているのでネットに載っている大きさなどをみてもあまり参考にならないと思うのでその点はご了承ください。

お金に余裕がある方はいくつも買ってみて試すのもいいと思いますし、そうではない方は店舗等のマウスを実際に触ることが出来るところに行きましょう!
スポンサーリンク

1.実際にマウスを握ってみる

まず実際にマウスを握ってみましょう!

まず最初の段階で自然な状態で自分の握りやすいマウスを選んでいきます。
この段階ではとにかく自分で持ちやすいマウスを選んでいただいて大丈夫なので持ちやすさだけをしっかり確認してください!

例)この4つから選ぶ場合
この4つを実際に持ってみて持ちやすかったものだけを選びます。

今回は「G703h」と「GPRO」が持ちやすかったことにして次に進みます!

スポンサーリンク

2.持ちやすかったマウスの向きを確認する!

先ほど持ちやすいマウスを選んだと思います。
そしたら次にマウスを持ちやすい形で持った時のマウスの向きを確認してください!

持ちやすい形で持った時マウスの向きが斜めっていたりしたら自分には合っていないマウスかもしれません。

悪い青線 自分から見たの中心   赤線 マウスの中心

なぜこれがいけないのか?

それではなぜこれがいけないのかを説明します!

これを説明するのにマウスのセンサーの仕組みについて知っておいてほしいです。

まずマウスのセンサーは真ん中にあってマウスを真っすぐ下にやればカーソルも真っすぐ下に行くことは当然皆様もわかっていると思います。

しかし先ほどの画像のようにマウスが曲がっている場合はどうでしょうか?

極端な例になりますが、どうなるかというと自分では真っすぐにマウスを動かしてもカーソルが斜めに移動してしまって真っすぐにカーソルを移動することが出来ない場合があります。
画像で分かりやすくするとこんな感じになります。

実際にこのように少しカーソルが曲がっていて一瞬が大切な「FPS」などで勝敗が変わる可能性があります。

また、「FPS」では特に対敵しているときなどの大切な場面ではしっかりとマウスを持つことが多いので持ちやすいからといって真っすぐ持てていないマウスはその人には合っていないと思いますので注意しましょう!

スポンサーリンク

3.自分に合ったマウスはこんなマウス!

自分に合っているマウスはこんな感じのマウスが良いと思います。

このように持った時にマウスが真っすぐになっているマウスが自分に合ったマウスだと思います!

それでは今回の自分に合ったマウスの選び方の紹介は以上になります!
あくまで僕のやり方なのでこれが正解というわけではないので参考程度に考えてください。

以上で終わりになります!

タイトルとURLをコピーしました