【G502 LIGHTSPEEDレビュー】性能と内容物の紹介やG604との比較を行います!

すべて

ロジクールG502ゲーミングマウスレビュー

こんにちは、NAGAIです。

MMORPGなどのコマンドが多いゲームや動画編集などのコピーやカットを多用するときにマウスのボタンが足りないなと感じたことはありませんか?

そこでオススメしたいのは多ボタンマウスです。
多ボタンマウスであればボタンに好きな割り当てが可能になり作業の効率が良くなります。
今回はロジクールの多ボタンマウス「G502 LIGHTSPEED」をレビューいたします。

仕様

製品名G502 LIGHTSPEED
大きさ長さ:132㎜ 幅:75㎜ 高さ:40㎜
重量114g
センサーHERO25K
駆動時間ライティングON:最長48時間 ライティングOFF:最長60時間         
保証期間          2年間
定価1万8480円(税込)

性能・内容物紹介

センサー

センサーはロジクールの次世代技術であるHERO25Kセンサーを搭載しています。
それによって現時点最高のパフォーマンスと反応速度を発揮するゲーミングセンサーとなり、バッテリーサイズと性能の効率によって軽量化につながっていきます。

ワイヤレス技術

このマウスはLIGHTSPEEDワイヤレスを搭載しています。
LIGHTSPEEDは有線の通信速度を上回る通信速度を誇っているとされておりロジクールの最新ワイヤレス技術で安定した高速通信を可能にしています。

なので「G502」は遅延や通信速度を気にすることなく使用できるゲーミングマウスになっております。

11つのボタン

「G502」はサイドに3つ・サイドの上に2つあり、左右ボタンが2つ・ホイルとその下の4つで合計11個のボタンが付いています。しかしサイドボタンはボタンが並んでいる配置ではなく、サイドボタンの上部に2つ付いている配置は押しにくいと感じる方はいると思います。

内容物

内容物は製品本体・延長ケーブル・延長アダプター・レシーバー・アクセサリーケース・ウェイト・説明書等が入っています。
特にこのマウスの内容物は、マウスに装着するウェイトが特徴的でマウスを重くすることが出来ます。
装着時は裏面のカバー内に磁石で装着するので重さ以外は変わらずに重くできます。

GHUB

このマウスはロジクールの専用ソフト「GHUB」に対応しています。
まだインストールをしていない方は下記のURLからのインストールをオススメします。

G604との比較

ここでロジクールの他の多ボタンゲーミングマウスと比較していきます。

製品名 G502G604
大きさ長さ:132㎜ 
幅:75㎜ 
高さ:40㎜
長さ:130㎜ 
幅:80㎜ 
高さ:45㎜
重量 約114g約135g
センサー HERO25KHERO25K
駆動時間          ライティングON:最長48時間 
ライティングOFF:最長60時間     
LIGHTSPEED最大240時間     
Bluetooth最大5.5か月
ボタン数11ボタン15ボタン
保証期間 2年間2年間
定価 1万8480円(税込)1万2760円(税込)

比較対象は「G604」で『ファイナルファンタジーXIV』の推奨周辺機器としても推奨されている多ボタンゲーミングマウスです。

大きさ

大きさを「G502」と「G604」で比較すると「G604」の方が若干ですが幅と高さが大きめになっていて「G502」の方が小さいマウスになっています。

なので手が小さい方だと「G604」は大きく感じるかもしれませんので「G502」をおすすめします。

重量

重量は「G502」はウェイト無しで114g、ウェイトをすべてつけると130gとなり、「G604」は単三電池装着時で135gとなっています。「G604」は内臓バッテリーが搭載されていないため単三電池を入れる必要があるので「G502」のウェイトをすべてつけた状態よりも重くなってしまいます。

マウスが重いと手に負担が掛かるので「G604」よりも軽い「G502」の方が普段使いや編集作業等の事務作業に向いていると思います。また他のゲーミングマウスに比べ少し重いですがバッテリー内臓のためゲームでも使用可能な重量に軽量化されています。

駆動時間

ここまで大きさと重量で「G604」よりも優秀だった「G502」ですが、内臓バッテリーなので駆動時間がライティングOFFにした場合約60時間と「G604」の240時間より駆動時間が短くなっています。

比較を行って「え、いちいち充電するのはめんどくさいよ」と思う方はいると思いますが、「G502」はロジクールのワイヤレス充電マウス「POWERPLAY」に対応しています。それによってマウスの上に置いとくだけ自動的に充電が行われますので駆動時間を気にしないで使用が可能になります。

しかしこの製品の非常に価格が高いことがデメリットですのでコスパを考えると非常にコスパが悪くなってしまいます。

ボタン

ボタン数は「G502 」は11ボタン、「G604」は15ボタンと4つ多くボタンが付いています。
なので11個のボタンで足りないくてさらにボタンの数が多い方がいい方は「G604」の方がオススメになります。

また、「G502」はボタン配置が結構特殊になっていてサイドボタンの上に2つボタンがありそちらのボタンが押しにくいですので、「G604」のようにサイドボタンが並んだ配置が良い方はあまりオススメできません。

比較まとめ

「G502」はボタン数こそ「G604」よりも少ないですが、大きさ・重量・駆動時間で「G604」と比べて優秀でしたので少し高い金額を購入できるならば「G502」をオススメします。

まとめ

GOOD

  • G604よりも優秀。
  • 多ボタンマウスだがゲームをプレイ可能。
  • POWERPLAY対応で充電が不要。

BAD

  • 価格が高い。
  • ゲームプレイ可能だが少し重い。

今回は「G502」を紹介しました。
多ボタンマウスで多機能にも関わらず軽量化によってゲームでも快適にプレイできる良いマウスです。このレビューが皆様の参考になれば幸いです。ご観覧ありがとうございました。

以上で「G502」のレビューを終わります。

NAGAI

周辺機器レビューブログ
主にPC周辺機器レビューを行っています。

NAGAIをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました