スポンサーリンク

Logicool のキーボードが壊れたので保障交換してみた!【ロジクール保障】

すべて

どうもこんにちはNAGAIです。

先日私が愛するG913 TKLがお亡くなりになりました。
症状はSキーが反応しないというものでPCゲームをやるものにとっては死刑宣告同然の壊れっぷりでした。(後ろに下がれないため)

そこで今回は初めてLogicoolの2年保証を使ってみました!

これから保障を使う方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

保証を受けれる条件

まず保証を受ける前に今持っているデバイスが保証を受けることが出来るか確認しましょう!
保障のすべてを紹介するときりがないので主にほとんどの方にあてはまる保障条件を4つ紹介します。

詳しく知りたい方はこちらを参照ください!

1.まだ保証期間に入っているか

当然ですが保証を受けるには保証期間に入っていないといけません。
期間は製品ごとに違っているので気を付けましょう!

また保証期間は変更、延長はロジクールが定める権利により変わることはありません。

そのため購入当時の製品の保証期間が2年で現在の保証期間が1年だとしても保証期間は2年間のままで変わることはありません。逆もあり、購入当時が1年で現在は2年の場合は1年間適用になります。

2.故障理由が故意ではないか

これは自発的な事故や誤った使い方したり認められていない修理、変更または分解が含まれます。


・保証をもらうため高いところから落として壊すこと
・デバイスを分解して認められていない掃除や部品交換をすること

このように自身で壊してしまった場合は保証が効かなくなってしまいます!

Youtubeなどでマウスやキーボードを分解して塗装していますがあの行為も含まれますので、注意してください!

3.不適切な使用方法をした場合

不適切な操作または保守、製品の取扱説明書に従わない使用法、または不適切な電圧源への接続した場合にこれがあてはまります。


・ゲームに負けてマウスを床に投げた
・取扱説明書に記載されている使用方法を無視した
・デバイスを適切な電圧が流れていないもので充電や接続をした

このようにメーカーが意図しない使い方をしたデバイスも補償対象外になります。
たまにマウスやキーボードを投げたり叩いたりした動画が流れてきますがあれも対象外になる行為になります。

4.自身で購入したものか

ロジクールの保証は自分で購入したもののみ適用されます。

友人にデバイスと保証書をもらっても保証適用外になります。
また中古で購入した場合も適用外になるのでメルカリなどのフリマで購入した方は保証を受けることが出来ません。

スポンサーリンク

保証完了まで流れ

それでは私がやった方法を紹介します!

私の場合ですので皆さんすべてに共通しないので参考にしていただければ幸いです。

また保証手続きは時間がかかるため時間を作ってからやることを推奨いたします!

1.公式サイトにログインする

こちらの公式サイトにログインしてください。

アカウントがない場合は作成しましょう!

※LogicoolGのゲーミング製品もこちらのサイトからやってください!

サポートを開く

ログインしたら次に上部のサポートを押してください!

押すと以下のような画面が出ると思うので「個人向けサポートホーム」を選んでください。

製品を検索する

サポートホームを開けたら製品の検索をしていきます!

下にスクロールしていくと製品を検索というところがあるのでそこで故障した製品を探します!
製品を見つけたらその製品の画像をクリックしてください。

ゲーミングマウス・キーボードはすべてゲーミングのところにあるのでその点は注意してください!

保証請求へ進む

製品をクリックしたら保証請求をクリックしてください。

↓例

チャットをクリックして手続きをする

それではここまで来たら手続きをするだけです。

私の場合は「チャット」で手続きを行いました。

チャットの場合
右下の吹き出しアイコンからチャットをすることが出来ます。

最初はロボットアイコンのBOTが
・手続きのオプション
・製品のシリアルコード:製品名:故障状況

を聞いてくるのでそれに答えましょう!

答えると数種類解決策を提示してきます

それでもダメな場合はオペレーターに変わります。
オペレーターに変わったら指示を聞いて手続きをしてください!

オペレーターの対応は非常に良かったので大きな問題がない限りはすんなりと終わると思います。

この手続きが終わるとすべて終了になります。
交換の製品が来るまで待ちましょう!

スポンサーリンク

故障製品はどうなるのか?

私の場合、故障製品の回収などはありませんでした。

ネットを調べると製品を壊す動画を送るなどありましたがそんなことは一切ありませんでした。
故障製品は各自の自治体の処理方法に従って処分すれば良いそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました