【ロジクールG703h一新レビュー】有名プロゲーマーも使うコスパ最強ゲーミングマウス!

すべて

プロゲーマーも使っているG703h開封レビュー

どうも初めまして、NAGAIです。
今回はロジクールから発売されているG703hゲーミングマウスを開封レビューしていきます。

今回のG703hは1万円以下のマウスでありながらプロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」所属のRASさんが使っていることで有名ですね。
そしてロジクールのハイエンドモデルで採用されているHERO25KセンサーやLIGHTSPEEDが搭載されていて上位機種とほとんど変わらない性能を持っているマウスになっています。では次に性能の方を軽く紹介したいと思います。

ロジクール G703h

商品名ロジクールG703h
センサーHERO25K
ワイヤレスLIGHTSPEED
ポートレート1000Hz(1ms)
最大DPI25600DPI
POWERPLAY対応
駆動時間ライティングなし35時間 デフォルト60時間
GHUB対応
価格(記入時のAmazon価格)7818円
ロジクールG HUBアドバンスト ゲーミング ソフトウェア、RGB & ゲームプロファイル
Logicool G HUBは、ゲーミングギアの可能性を最大限に引き出すための最新のソフトウェアです。ゲームに合わせて、思いのままにギアをカスタマイズ。

開封

まずは今回のマウスの箱を見ていきます。

正面にはG703と印字があって右側面にはマウスの性能について記載されています。
箱はコストカットかわからないんですけど上位機種と比べて高級感はあまり無いんですが普通に保存するには十分ですね。それでは開封をしていきます。

こちらが今回紹介するG703hになります。
詳細なことは後半で紹介するのでマウスのレビューだけ気になる方は後半までとんでください。

付属品紹介

次は付属品の紹介をします。まず最初に充電ケーブルです。(長さ1.8m)

次にワイヤレスレシーバーと延長アダプターです。
レシーバーとアダプターは挿して充電ケーブルと合わせて使うことでマウスの近くにレシーバーを近づけることが出来ます。

最後に10グラムのウェイト(おもり)と保証書やスタートガイド等の紙類です。
ウェイトはマウスの裏にあるカバーに付けることで10グラム重くすることが出来ます。

こちら全部が今回のマウスの付属品になります

性能紹介 G703h

それではマウスの方を見ていきます。
まずはじめに大きさと形状の紹介です。

  • 長さ 124mm
  • 幅 68mm
  • 高さ 43mm

形状は右手にフィットするエルゴノミクスデザインになっていて非常に持ちやすいです。
かぶせ持ち、つかみ持ち、つまみ持ちの主流な3種類の持ち方で持ってみました。
かぶせ持ちとつかみ持ちに関しては持ちやすかったんですが、つまみ持ちに関しては持ちにくいと感じました。

次にG703hの重さを実測していきます。

重さは94グラムで最近のマウスだと軽い部類には入らないマウスになります。
さらにここから付属の10グラムのウェイトを付けると104グラムまで重くすることが出来ます。

次にサイドボタンを見ていきます

サイドボタンは親指の半分以上の大きさなので非常に押しやすいかったです。
しかし右手に合うようにサイドボタンの方が窪んでいてボタンが少し突き出ていることやボタン少し緩いのが相まってゲームをしていて誤爆をする時が少しあったのでそこは注意した方がいいなと感じました。

次にクリックボタンを見ていきます。

クリックボタンは若干U字に沿っていてかぶせ持ちなどで指を置くとしっかりフィットするので押しやすいですし、クリック音がゲーミングマウスにしては非常に静かで戻りも早いのでクリックボタンは優秀だと感じました。

次はマウスホイールを見ていきます

ホイールの高さはあまり高くなくて若干低めのホイールになっていますが、ホイールの取っ掛かりがしっかりしているので使っていても非常に回しやすかったです。あとホイールの下にはDPI変更ボタンがあります。

ここでこのマウスを使ってみて一番残念だと感じた点を挙げるんですがそれがホイールクリックです。
ホイールをクリックした後の戻りが非常に悪くて、正直最悪でした。下位モデルのG304の方が質が良いんじゃないかと感じましたので買うか考える時に気にした方がいいとおもいます。

次にマウスの裏側を見ていきます

マウスソールはマウス上部と下部、センサー周りになっていてソールの面積は標準的で特に目立った点はありません。あと電源のボタンとウェイトを取り付けるカバーがあります。GPROシリーズとは違いカバーの下にレシーバーを入れるところがないのでウェイト用のカバーになっています。

まとめ

ではG703hのまとめをしていきます。

GOOD

  • 1万円以下でセンサーなどの性能面が上位機種に劣らない
  • クリックボタンが静か&押しやすい
  • エルゴノミクスデザインで持ちやすい

BAD

  • 重量が94グラムと少し重い
  • ホイールボタンの戻りが押しにくい

今回良い所と悪い所を言ったんですけど全体的な評価としては1万円以下でこの性能を持っているのでプロゲーマーが使っているのも納得の良いマウスだと思いました。オススメしたい方は1万円以下で本格的なゲーミングマウスを欲しい方は購入してもいいと思います。

ということで今回のレビューは以上になります。
ご視聴ありがとうございました。

NAGAI

周辺機器レビューブログ
主にPC周辺機器レビューを行っています。

NAGAIをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました