【GPRO X・G703h比較レビュー】マウスの違いや特徴を紹介します!

すべて

GPROX・G703h比較レビュー

どうもはじめましてナガイです。

今回は最近レビューしたGPRO X SUPERLIGHTとG703hを比較していきます。

マウスの性能などを理解しているとしたうえで比較しますのでまだGPRO X SLやG703hのレビューを見ていない方は是非みてください。

そして今回比較する点ですが2つのマウスを使っていて違いがあまりない所は申し訳ないですが比較を行いません。例えば、センサーなどの内臓機能ですね。この機能は公式サイトを見ると分かるんですがどちらのマウスも搭載しているものがまったく一緒なので今回は比較しません。

重量比較(GRPO X SL・G703h)

まず重量の比較になります。
重量は実際に僕が量った数値を使用していきます。

GPRO X SUPERLIGHTG703h
61g94g
33g

重量の差はなんと3gです。
レビュー記事を読んでいたらわかりますがやはり最軽量のGPRO X SLとの比較なのでG703hとの差が非常に大きいですね。

まあこればかりは比較対象が悪かったですね。

ここまで重さに差があるとG703hを使っていると重りを付けているように感じます。
軽いマウスを欲しい方は絶対にGPROXの方です。

持ちやすさ比較

マウス形状おさらい

GPRO X SUPERLIGHT

形状左右対称
GPROXは左右対称になっています。
そしてマウスのサイドは絶妙なくぼみがありそこに指をかけやすい形状になっています。またマウスの高さはあまり高い方ではなく、どちらかというと平たいマウスになっています。

形状:エルゴノミクスデザイン 右手対応
G703hはエルゴノミクスデザインで右手にフィットするような形状になっています。
そしてサイドは滑り止めのゴムになっているので滑りやすくなっています。

どちらが持ちやすいのか?

結論から言いますと個人的には「GPRO X」の方が持ちやすいです。

G703hはサイドのボタンが滑り止めになっていたり右手にフィットする形状なのでもちろん色々なマウスと比べても持ちやすさでは上位に入ると思いますが、如何せん「かぶせ持ち」以外の持ち方に合いませんでした。つまみ持ちやつかみ持ちでも持てはしますがこのマウスじゃなくてよくね感が拭いきれませんでした。

GPRO Xの左右対称の形状の方が持ちやすかったです。
特にサイドの絶妙なくぼみやマウス全体の大きさがかみ合っていました。
そしてかぶせ持ちやつかみ持ちなどの様々な持ち方にもしっかりと合いました。

G703hは少し残念に感じた

そして前に比較した重量が持ちやすさに関係していて、G703hは確かにサイドボタンにゴムの滑り止めがあったりしていてGPRO Xに無いものが備わっていますが、それがあっても重量が重すぎてGPRO Xと比べると使いずらいです。また、Gの文字らへんが必要以上に膨らんでいるので使っていて少し不快感がありました。

逆にGPRO Xは非常に軽量になっているのでゴムの滑り止めも全然必要ありませんでした。

クリック&ホイール・サイドボタンの押し心地

GPRO X SUPERLIGHT 

クリックボタン&ホイール
押したときの感触はある程度あり、押した後はしっかりとかえってきました。
また、クリック音はカチッと甲高い音が鳴るので押していて心地よいです。
しかし個人的にはクリック音が少しうるさいと感じ、ヘッドホンで動画を見ていた時もクリック音が聞こえてきました。クリック音を気にする方は気を付けた方がいいです。

ホイールの高さは指を横に置いたときに半分くらいの高さになっていてちょうどいい高さになっています。そしてホイールボタンは押し返りがしっかりしているので連打がしやすいです。

サイドボタン
クリックボタンは親指の3分の1程度の大きさになっていて大きすぎないちょうどいい大きさになっています。また、サイドボタンを軽く触ってもグラグラとした揺れは無くしっかりとついています。

G703h

クリックボタン&ホイール

押したときの感触はあまりなく少ない力で押すことが出来、押し返りがしっかりしているので連打がしやすいです。またクリック音は小さいので非常に静かです。

そしてホイールの高さはあまりなく、ホイールボタンは押し返りの力が弱いので連打もやり難く非常に押しにくいです。

サイドボタン

サイドボタンは大きくなっていて、親指の3分の2程度になっています。
そしてサイドボタンを軽く触った時に前のボタンが若干グラグラと揺れ、前のサイドボタンの造りはしっかりはしていないと感じました。しかし後ろのサイドボタンはしっかりとしていてよいと感じました。

比較

クリックボタン

クリックボタンはG703hの方がいいかなと思いました。

GPROXはクリックボタンの押し心地や押し返りが良い反面、クリック音がうるさいことが欠点です。
G703hはクリックするための力が少しでも押すことが出来て、押し返りもしっかりしていました。
また、クリック音が非常に静かだったのも良かったです。

どちらのマウスもクリック感は良かったです。
しかしGPROXのクリック音がうるさいのでそこを加味してG703hの方がいいと思いました。

ホイール

ホイールに関しては圧倒的にGPRO Xの方が良かったです。

これはGPRO Xの方が良すぎたというわけではなく、G703hのホイールがひどすぎました。
正直、ホイールをよく使う方はG703hを使っていてストレスがすごくなると思います。

サイドボタン

サイドボタンは僅差でGPRO Xの方が良かったですね。

サイドボタンの大きさはどちらも押しやすいので最終的には好みになると思います。
しかしG703hのサイドボタンは若干のぐらつきがあり、GPRO Xはぐらつきがまったくありません。
この微々たる差ですが、若干でもぐらつきがあると気になるのでしっかりしているGPRO Xの方が良かったと思いました。

価格比較

GPRO X SUPERLIGHT ブラック

価格(投稿時のAmazon価格)1万5127円

G703h

価格(投稿時のAmazon価格)7818円

比較

次に価格の比較ですがGPRO Xの方がG703hより約2倍高いです。

ここまでGPRO XとG703hを比較してきましたが、これらのマウスにはそれほどの価格差があります。
そしてここまで価格差があるにも関わらず、G703hはGPRO Xとほとんど僅差で渡り合っているのでコスパの高さがうかがえます。

価格と性能面を考えたときにはG703hが圧勝でしょう。

比較まとめ

それでは今回のマウス比較のまとめをしていきます。
ここではそれぞれのマウスを比較してよかった点や対象マウスより優れていた点をまとめます。

GPRO X SUPERLIGHT

  • 重量が61グラムとゲーミングマウスの中でも最軽量
  • 左右対称でどの持ち方でも非常に持ちやすい
  • クリックボタンやホイール、サイドボタンどれも使いやすい

G703h

  • クリックボタンが軽いかつ押し返りが強い
  • クリック音が静か
  • 価格が安い

ということで今回はGPRO XとG703hを比較したんですけどGPRO Xの優秀さG703hのコスパの良さを改めて理解できました。
GPRO Xは価格を気にしないのであればG703hよりも僕はオススメしたいです。
逆にコスパ重視で出来るだけ安くしたい方はG703hは非常に良いと思いました。

NAGAI

周辺機器レビューブログ
主にPC周辺機器レビューを行っています。

NAGAIをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました