【G512・GPRO X 同価格帯比較】ほぼ同価格帯のキーボードの違いは?

PC周辺機器
スポンサーリンク

どうもこんにちはNAGAIです。

今回は、ロジクールから発売されているゲーミングキーボードでほぼ同価格帯の「G512」と「GPRO X」を比較していきたいと思います。

キーボード比較

名称G512GPRO X
サイズフルサイズテンキーレスサイズ
キースイッチ3種類(青・赤・茶)
接続方法有線
価格
(公式サイトより)
12,430(税込)
13,970(税込)

キーボードサイズは「G512」がフルサイズ、「GPRO X」がテンキーレスサイズになっており、「GPRO X」の方がコンパクトになっています。キースイッチと接続方法は同じになっており、キースイッチは青・赤・茶の3種類、接続方法は有線のみになっています。
価格はどちらも1万円前半で、ほぼ同じ価格です。

そして、2つのキーボードを比較して感じた特長は以下になります。
この後に各キーボードの特長について詳しく解説いますので、ぜひご覧ください・

G512
GPRO X
  1. ゲーム・日常作業どちらでも使える
  2. アルミ合金を使用していてデザインが良い
  1. ゲームに特化している
  2. テンキーレスでデスク上を広く使える

G512 特長

それでは「G512」の特長について紹介します。
今回は比較したとき、優れていた特長について紹介いたしますので、そのほかの詳細についてはこちらからご覧ください。

ゲーム・作業どちらでも使える

「G512」はご覧のようにフルサイズキーボードで、テンキーが付いています。
テンキーが付いていることで、テンキーレスキーボードではやりづらい数値入力を簡単に行うことが出来るので、ExcelやWord等の作業に向いています。

そのため「G512」はゲーミングキーボードでありながら、ExcelやWord等の作業に向いているので、特に大学生や社会人でゲームをしている方におすすめのキーボードです。

ヘアライン加工された美麗なアルミ合金デザイン

キーボードの表面には超高強度かつ高耐久の5052アルミ合金が採用されており、ずっしりとした重みでキーボードのずれを防止してくれます。また、アルミ表面にはヘアライン加工がされているので、細かな横線が美麗なデザインを作っています。

私もヘアライン加工されている「G913 TKL」というキーボードを使っているのですが、芸術品のような美しさがあるので、オシャレなゲーミングデバイスをそろえたい方におすすめしたいです。

GPRO X 特長

それでは「GPRO X」の特長について紹介します。
今回は比較したとき、優れていた特長について紹介いたしますので、そのほかの詳細についてはこちらからご覧ください。

ゲームに特化した機能

「GPRO X」は海外のプロゲーマーの意見と取り入れて作られたゲーミングキーボードで、プロによるテストや大会実績もしっかりあるためゲーム性能は間違いありません。

そしてゲームをする時に邪魔になるWindowsキーを1タップで無効化できるゲームモードキーや専用ソフトがあったりとゲームに特化したキーボードになります。

デスク上を広く使えるテンキーレス

コンパクトなテンキーレスサイズになっており、ゲームプレイ中にマウス操作を邪魔することはありません。また、キーボードの端っこがキーのギリギリまでないので、他のテンキーレスよりも小さく感じます。

まとめ

ということで今回は「G512」と「GPRO X」を比較してみました。
どちらもゲーム性能は確かなもので、各キーボードごとに特長があってよかったです。

「G512」はゲームと作業の両方に向ているキーボードで、「GPRO X」はテンキーレスでゲームに特化したキーボードでした。同価格帯でもそれぞれに強みがあり、幅広いゲーマーのために考えられていました。

それでは今回の比較レビューは以上になります。
参考になれば幸いです。

今回紹介した製品まとめ

タイトルとURLをコピーしました