スポンサーリンク

【ロジクールG840レビュー】G640rとの違いを比較!G840の使用感をレビューします!

すべて

LogicoolG840マウスパッドレビュー

今回はロジクールの中で今まで一番大きかった「G640r」の約2倍の大きさの超大型マウスパッド「G840」が発売されたのでレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

仕様

G840

製品名ロジクールG840
大きさ        特大サイズ:縦400㎜×横900㎜×厚さ3㎜        
保証期間1年間
発売日2021年8月26日
定価5280円(税込)

G640r(比較対象)

製品名ロジクールG640r
大きさ        ラージサイズ:縦400㎜×横460㎜×厚さ3㎜       
保証期間1年間
発売日2016年4月1
定価3520円(税込)
スポンサーリンク

開封

外装

外装の箱は固い厚紙が使われていてそれが筒状になっていますので、非常に頑丈でしっかりした造りです。また、筒状なので開封もやり易いかったです。

本品&G640との比較

今回のG840は、超大型サイズということもあり、画像の通りにG640の約2倍の大きさがあります。また、箱から出すときにマウスパッドにしては結構な重量がありましたし、裏面には滑り止めになるラバーベースがついてるのでプレイ中にマウスパッドが動くことは無いと思います。

この140㎝×60㎝の机にはこのマウスパッドはちょうどよかったのですが、机のサイズが小さいとモニターの土台に被ってしまうのでその場合はモニターアームを使用することになりそうです。

そして、滑りやすさですが、スルスルと滑る感じではなくマウスを動かすと最後にキュとしっかり止まてくれるのでマウスを動かしやすいです。なのである程度滑ればいいという方は使いやすいと思います。

スポンサーリンク

設置例

マウスとキーボードを設置してみましたが、十分なスペースが確保出来ていますのでfpsゲームなどの視点移動が激しいゲームでも問題ありません。また、キーボードがフルサイズキーボードだったとしてもゲームで利用できると思います。

※ゲームの感度が低感度の方はキーボードにぶつかる可能性があります。

↓設置してあるマウスとキーボードのレビュー記事

スポンサーリンク

使用感

滑り具合はG640と全く同じ

私はこのマウスパッドを使用する前はG640を使っていたのですが、G840の滑り具合はG640と全く同じでした。本当にG640を大きくしただけのマウスパッドなのでG640を使っていてG840を迷っている方は何も気にしなくても大丈夫です。

しかし少し違うところあり、キーボードとの間に段差がないのでゲームでキーボードの方向に行き過ぎてしまうことが使い始めにありました。使っているうちに慣れてくるので大した問題ではないですが、このようなことがあったという参考程度に考えてください。

デスク回りがスッキリ見える

私がこのマウスパッドを買った1番の理由はこれですね。
デスク周り紹介などを見ていて机一面に敷かれたマウスパッドがきれいで以前から超大型マウスパッドが欲しかったのですが、ロジクールにはこのサイズが無かったので普通のサイズのG640を使っていました。

そして買ってみて設置するとデスクの上がすごくスッキリして見栄えが良くなりましたので、デスクの上をスッキリ見せたい方は結構お勧めです!

買い替えをよくする方にはお勧め

このマウスパッドの特徴である大きさによって1つ買うだけで普通のマウスパッド2つ分の面積があるのでマウスパッドの右側を初めに使い、滑りが悪くなってきたら左側を使うことで買い替える手間が減ります。特にG640を買い替える方はお金も少し安く済みますし、マウスパッドの滑り具合も変わらないのでお勧めです。

スポンサーリンク

まとめ

GOOD

  • G640と表面は全く同じ。
  • 買い替えをしなくても反転することで長く使える。
  • デスクの上がスッキリする。

BAD

  • 人によっては若干滑りにくいと感じる場合がある。
  • 机の大きさによっては大きすぎる。

今回はG840とG640rの違いとG840の使用感をレビューしました。
比較してみて滑り具合や厚さが同じでしたので、G640rを現在使っていてG840に変えたいなと考えている方にもオススメ出来るマウスパッドでした。

今回のレビューが参考になれば幸いです。
以上、G840のレビューを終わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました