【ロジクール G913 TKLレビュー】薄型ゲーミングキーボードの1位はこれで決定⁉

キーボード

薄型ゲーミングキーボードG913TKLレビュー

今回はLogicool G913 TKLをレビューしていきます。

今回のG913 TKLはロジクールから発売されている唯一の薄型ゲーミングキーボードです。私も普段から日常使いしているキーボードです。購入した理由は、趣味のゲームをするときに一般的なゲーミングキーボードだとキーが高く手首が疲れてしまうのでキーが薄く疲れにくいこのキーボードを購入しました。

なので、今回はキーボードの仕様や使用感をレビューしていきます

仕様

製品名G913 TKL
大きさ長さ:368㎜ 幅:150㎜ 高さ:22㎜
重量810g
接続方法無線(有線接続も可能)
バッテリー駆動時間40時間(LED高度によって変動あり)
保障期間2年間
定価3万250円(税込)

接続方法

このキーボードは、無線と有線の2つの接続ができます。

↓無線の接続例

↓有線の接続例

特に無線は、LIGHTSPEEDワイヤレスという高性能で遅延の少ない安定した接続方法を採用していて、有線よりも早い速度で転送できるといわれています。

有線接続は、充電しながら使えるのでキーボードをあまり動かさない方は有線の方がバッテリーを気にすることがないので有線がいいでしょう。

私はキーボードをよく動かすので無線での使用がほとんどです。
なので、私は安定して使用できていることもあり無線がオススメです!

バッテリー駆動時間

このキーボードの駆動時間は、後で説明するGHUBでLEDの明るさを設定かキーボードの明るさを変えるキーで5段階の変更が可能です。LEDの明るさと駆動時間は次のようになります。

明るさ駆動時間
1段階目(100%)40時間
2段階目68時間
3段階目106時間
4段階目149時間
5段階目(0%)1124時間

明るさを変えた駆動時間が40時間から1124時間と100%と0%の差が非常にありますが、長く使えるからとLEDをOFFにしてしまうとキーボードの文字が非常に見にくいので、見やすさと駆動時間を考えたら3・4段階目がバランスよく使えるのでオススメです。

価格

このキーボードの定価は、3万250円です。しかし、Amazonなどの通販サイトでは2万7500円ぐらいまで安くなっているので、購入するなら公式サイトではなく通販サイトで購入しましょう。

しかし、次のように注意してください。
このキーボードはロジクールの最上級キーボードで値段も結構高いので、よく考えて買いましょう。

オススメできる方は、このキーボードが絶対を使いたい方や長く使える良いキーボードが欲しい方は値段に相応しい素晴らしいキーボードになっているので購入を検討してもいいと思います。それ以外の方は、1万以下でも十分使えるキーボードはあるのでそちらの購入を検討してみてください。

G913の開封・外観

外装

↓G913の外装の箱

さすが最高級キーボード、箱の造りはしっかりしていてとても高級感があります。

本体

キーボードの表面は、アルミニウム合金で覆われていてとても頑丈な造りになっています。また、アルミニウム合金の表面は横に向かって擦ったような精錬されたデザインになっていておしゃれで高級感があります。

デザインも耐久性も両立できている素晴らしいキーボードです。

次に本体の機能についてです。
↓角度調整機能

横から見た角度別の見た目比較

こちらの画像の角度は左から0度、4度、8度です。

角度調整が他のゲーミングキーボードに比べて角度が低いのは薄型だからなので気にしなくてもいいです。

私は0度と4度は低すぎて使いにくいので、丁度いい高さになる8度がオススメです。

↓メディアキー

左から、ワイヤレス、Bluetooth、ゲームモード、明るさ調整、戻りスキップ、再生/停止、進みスキップ、ミュート、音量調整です。

使用感の感想でメディアキーの良いところを記載しています。

付属品

Micro-USBケーブル(1.8m)、USB延長ケーブル、USBレシーバー

↑Gシール、取扱説明書、保証書

専用ソフト「GHUB」

このG913にはGHUBというロジクールの専用ソフトが使えます。
G913を接続した設定画面

このソフトでは、LEDの設定・キーのカスタマイズ・ゲームモードで無効にするキーの設定ができます。

LEDの設定
LEDの光り方を自分好みにカスタマイズすることが出来る。

キーのカスタマイズ
プロファイルごとにキーの配置を変えることができます。

ゲームモードの無効キー
ゲームモード時に無効にするキーを自分で変更できます。

この3つはGHUBをインストールしないと変更することが出来ないので変更する場合はロジクールの公式ダウンロードページからダウンロードしてください。下記に公式サイトを載せときますのでお使いください。

G913の使用感

打ち心地(リニア)

リニア軸は赤軸に似ているいわれていて静穏性に優れた軸なので、とても静かです。そして、薄型なので普通のキーボードよりも静かに打つことが出来ます。

また、薄型のため普通のゲーミングキーボードに比べて手首を上げる角度が低いので手首が疲れにくく、手首をサポートするリストレストは不要です。

しかし、キートップが低いので打ち心地は普通のキーボードには劣るかなと思いました。

なので、手首が疲れるのが嫌な方や静かなキーボードが欲しい方はG913のリニア軸をオススメします。

ゲームプレイに使えるか?

私は、Apexというゲームをよくプレイしているのですが、遅延は全くなく使えています。また、キートップが薄いので意識的にも押してからの反応が早く感じます。

そして、テンキーレスキーボードはマウスを動かす場所を邪魔しないので、余裕を持って快適にプレイをすることが出来ています。

メディアキーが便利

私はブログを書いてるときにとても役に立っているのですが、音楽を聴いてるときにソフトを開かなくてもスキップボタンを押しただけで曲を飛ばせるので、ストレスフリーで操作をすることが出来ます。

また、ゲームボタンも便利でゲームをしているときにWindowsキーを押してしまう誤爆も防ぐことが出来ます。

そして、1番便利なのが音量調節ダイアルです。毎回タスクバーから音量を調節することはなくなりました。

まとめ

GOOD

  • 薄型で疲れにくい。
  • 洗練されたおしゃれなデザイン。
  • メディアキーが便利でストレスフリー。

BAD

  • 値段が高い。

今回、G913をレビューしました。値段が高いのがネックにですが、おしゃれなデザインと便利な機能があり非常に良いキーボードでした。

キーボード選びにお困りでしたらこちらの記事はどうですか。

NAGAI

周辺機器レビューブログ
主にPC周辺機器レビューを行っています。

NAGAIをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました